narifuri LIMITED POPUP SHOP 2015 - GENETO-works
Type
Year

concept-jpn

concept-eng

spec

movie

narifuriのポップアップショップをデザインするに当たり5つのテーマを設定した。

①ポップアップショップの可能性
既存にある多くのポップアップショップは、商品こそ違うものの既製品の什器よって構成され、ショップ毎の特異性を見受けるケースが少ない。本計画では、ポップアップショップでありながら、まるで固定店舗のような空間の作り込みを行うことで、ブランドイメージを最大限に引き出すことを試みた。

②設営解体の簡易性
簡易的であり短時間に設営、解体ができる。且つ持ち運びも軽量で無ければならない。その為、ショップを構成する部材は手で持ち運びができるサイズと重量まで分割出来るディテールとした。具体的にはφ90mmの集成材で作られた円筒形のコネクターとφ27.2mmのガス管を接続することでショップ全体の空間を作りだすフレームとなる。更に、OSBボードで作った箱形什器と試着室をフレームに固定する事で転倒の防止と、アパレルショップとしての機能を満たしている。

③コンパクトな収納
年間の2/3以上が倉庫で保管されることが予想されるため、コンパスクトに収納できる様、解体と収納方法を含めて設計する。結果、設営時には40.5m3のボリュームを生みだすが、収納時は8.5m3のボリュームとなる。

④ 様々な空間での適応
あらかじめ決まった空間は無いため、与えられた様々な空間に対し柔軟に適応できる事が重要である。そのため、円筒形のコネクターとガス管によって創りだされる空間のフレームは、コネクターの調整により大きさが臨機応変に変えられる仕組みを採用している。


⑤ブランドイメージの空間化
都市型サイクリング生活を意識した商品であるため、空間も都市を意識した。そこで、変貌していく表層の都市ではなく、都市の下地を構成する要素で表現した。具体的にはトラスを模した構造や、ガス管や合板やフェンスなどの素材、都市の内部に存在する普遍な部分を表している。

以上5つのテーマを複合することにより、ブランドイメージを表現したポップアップショップを目指した。
また、従来からある固定店舗とは違い、省スペースと低予算でありながらブランドの普及が全国の商業施設の空きスペースを対象敷地となる、これまでに無い店舗のあり方を模索している。

We set the five themes to design the pop-up shop for executing the strategy of narifuri.

①Possibility of a pop-up shop
Existing pop-up shops are consisted of ready-made furniture though goods are different. Therefore, there is not much specificity of each shop.
In this plan, we tried to maximize the brand image by making the space like a fixed shop.

②Simplicity of construction and dismantling
It’s simply construction and able to construct and dismantle in short time. It also must be light to bring. Therefore, The detail of each material of which a shop is composed is the size and weight what can be carried around by hand. In fact, the frames of the space in the whole shop consists to a connect gas pipes of φ27.2mm and a round joints made of laminated wood of φ90mm. Furthermore it has the function as a clothing store and a fall prevention by fixing the furniture and the fitting room made with a OSB board to the frame.

③Compact storing
We designed the shop what can be stored compact and the way of construction and dismantling because it is stored in the warehouse more than 2/3 a year.
As a result, in construction, it's the volume of 40.5 mm3. In storing, it's the volume of 8.5 mm3.

④ Adaptation at various spaces
It's important to be able to fit it flexibly to the various spaces where it is given. Then, the round joints and the gas pipes composing a frame are adopted the mechanism to be able to change the size depending on time and situation.

⑤Converting the brand image to a space.
The space was also considered a city because the concept of goods is an urban cycling living. Then, not by the evolvable surface of the city but we expressed it by the foundation element which is composed in the city. Actually, the structure modeled on a truss and the material such as a gas pipe, plywood and fence expresses the universal part that exists inside the city.

We aimed at the pop-up shop expressed the brand image by compounding 5 themes above.
It's also different from the conventional fixed store.
It is possible to spread the brand to target the free space of the across-the-country commercial facilities though it is the saves space and a low budget. We are groping the state of a store never before.

Spec

narifuri LIMITED POPUP SHOP 2015

2015

Main use : popup shop
Location : Kyoto
Floor area : 38.9m2

Contractor : pivoto

photo : Yasutake Kondo