Tomioka station project - GENETO-works
Type
Year

concept-jpn

concept-eng

spec

movie

地域拠点となる山脈

1.妙義山を始めとする群馬県の山並みをモチーフとしたシルエットの駅舎であり、山のような力強さを持つ街のシンボルとして富岡製糸工場と対をなす存在になる。
2.群馬県産の木材による集成材をメインの構造体とし、レンガ造の壁と複合させた木骨レンガ造としている。
3.駅の待ち合い空間をより開放的かつ、奥行のある空間構成とすることでニッチを作り出し、小規模イベントを行うことができるスペースを駅舎空間に作る。
4.待ち合い空間の利用にあたり、イベントを小規模に限定することで、企画時間やコスト的な障壁を減らし、利用頻度の増加につなげる。
5.小規模イベントと、待ち合い空間とを合わせた空間の利用は、移動拠点と地域交流拠点を併せ持った駅舎となることを意図している。

1. A motif of the station was the mountains of Gunma which has a sharp silhouette like the Atayozan. The presence of the station will be like a symbol for the town that has a mountain-like strength paired with the Tomioka silk factory.
2. The main structure will be constructed with laminated Gunma prefecture's wood , a combination of timber-framing and brick walls.
3. To make a waiting space more open and have depth in its spatial configuration, creating a niche and could create a space that can hold smaller events.
4. The use of the waiting space as an area for small events will reduce planning time and cost barriers, leading to an increase in frequency of use.
5. The combined use of small events and waiting spaces creates the intention of the station to combine a transport hub and a regional exchange hub.

Spec

Tomioka station project

2011

Main use : station
Location : gunma
Site area : m2
Building site : m2
Total floor area : m2


Collaboration : Run Architecture Design