SCAN ( GLOBAL GALLERY ) - GENETO-works
Type
Year

photo

Photo:

02
03
04
05
06
07
08
09
10

concept-jpn

concept-eng

spec

movie

奈良から生駒山へ向かう国道から少し脇に入った周りは田園風景が残るのどかな所にある車のショールームである。
クライアントの要望は「車のオーナーとなる人達に、車についてもっと知ってもらいたい」というもので、「カタログには載っていない、それぞれの車が持つ独特の個性をショールーム空間によって感じてもらいたい」という事であった。

しかし、内装デザインを頼まれたのではなく、あらかじめ決められた内装の仕上げに対して、何らかの物を設えることが要求された。
車の魅力を知ってもらいたいという店主の意向を反映すべく、車に対する非日常的な視点をつくることにした。
そこで、ワンルーム空間の中に起伏を作り、動線と事務スペースや商談室などのプログラムが立体的に展開する構成とした。
こうして配されたプログラムを成立させるフレーム(骨格)を縞(しま)状に連続させることで全体がつくられる。それは、ちょうど空間のCT-SCANを 撮ったような断面図の連続である。そうすることにより、プログラム同士の境界はなくなり、曖昧な領域としてプログラムが緩やかに連続する。
この空間では車もプログラムの一つとして扱うことで、車と我々が設えたSCANとが一体となり、車体や船体のような空間をつくりだす。

建築であり家具である物 ≒ 車・船

我々が今回竣工させたSCANは、建築としては小さなスケールであり、家具としては大きなスケールをもつものである。そして、それは車や船のようなもの で、限られた大きさの中で様々な用途が複合しつつもそれぞれは切り分けられておらず、ひとつながりのものである。
このような、曖昧なもの、白黒つけがたい物の可能性は多い。それはどちらにでもなる可能性があり、どちらにもならない可能性もある。我々はそうしたグレーゾーンのような、ジャンル分けを必要としないものを求めている。

This car showroom is located in a quiet countryside/area which still has many rural landscapes close to Mt.Ikoma in Osaka.

The showroom owner is a man in his forties who spent many years selling cars in America when he was in his twenties and thirties.

During this time he worked in import and export of cars between Japan and America and gained a lot of knowledge about mechanical workings as well as car design but also driving techniques. In time, the owner wanted people to know more about cars, as well as wanting them to understand the special character that each car has, through the experience within the space.

It was then that we started to make the space oriented for the cars, seeing it from the viewpoint of an architect or a furniture designer.

Naturally, the car contains many kinds of functions and elements within its body, for example, the motor power for driving, the comfort for driving for long distances, a frame for keeping the ヤcar shapeユ, safety and so on.

So, how then can we translate these functions and elements in to a program to create a space derived from these concepts? We had to determine the most important elements that were to be expressed within the space. We interpreted the program to consist of a showroom to express (1) the motor power, (2) comfortably fitting it into the environment so as to connect the cars with people and (3) the frame/structure to form the desired space.

The result is that when you are in this space, this ヤspace (showroom)ユ gives you a feeling exceeding the idea of architecture, or furniture, as if you were travelling in a large car, or that you are walking within the car .

Spec

SCAN ( GLOBAL GALLERY )

2006

Main use : Car factory & Gallery
Location : osaka
Structure : ply wood
Site area :
Building site :
Total flooe area : 123.86m2

Structure design : Takashi Takamizawa
Contructor : pivoto
Furniture :

photo : Masato Kawano (Nacasa & partners)