Office


Art Tokyo Association OFFICE

Main use
Office
Location
Tokyo
Site area
100㎡
Contructor
pivoto
Photo
Yasutake Kondo
Status
Complete
Year
2015

Gallery

CONCEPT

コトのアート化

ART FAIR TOKYOを運営するArt Tokyo Associationの新オフィスの計画である。
場所は東京都港区飯倉の交差点に面したビルの4階で、約100㎡のワンフロアー空間に3つの箱状空間(ミーティングルーム・社長室・理事長室)を挿入することと、それによって生まれる残余空間(スタッフ執務室・応接室)との4つの空間を作り出した。
必要とされた諸室を確保した上で、我々はオフィスというプログラムに対し、日々ルーティーンワークに追われるその場所で巻き起こるコトをアート化できないかと考えた。
コトのアート化とは、人や物をその空間の中で等価に扱うことにより、日常に溢れる事物の存在を特別な存在として見つめなおそうという試みである。

挿入された3つの箱は、内部の用途が閉じすぎない閉じ方を求められた。そこで、外部壁面を額縁で切り抜き、その先の景色を切り取る壁とした。額縁は透明な硝子、鏡、壁面と3つの要素で構成しており、この曖昧に間仕切る開口部が、内部への視認性を作ると同時に、外部への視認性も作り出している。
つまり、箱の内外で起きているコトを同時に経験することができる。
また挿入された箱の内部同士も開口部が幾つも存在する壁面で構成しており、内部からの視線はいくつもの開口部を通過して残余空間や屋外の景色へと繋がる。

額縁を持つ開口部と壁面を切り取っただけの開口部の存在は、大きさは同じであるがかなり違ったモノの捉え方を互いに与えてくれる。すなわち、開口がランダムに明けられた壁面が、各部屋を結びつけ、屋外とも結びつける特殊なフィルターとなる。コトをアート化するということは、一日の大半を過ごすオフィス空間に於いて、何気ない日々の行動が特別な発見や、記憶になることを期待している。

“Changing an event to ART”

It is the project of “Art Tokyo Association” new office which manages ART FAIR TOKYO. It is located on the 4th floor (100m2) of the building facing the intersection of Ikura Minato-ku, Tokyo. We have inserted three box spaces serving as a meeting room, a president room and a chief director room, then the residual space has been transformed into a staff office space and a meeting space.
We consider that the event arising in this space, where an everyday routine work happens, can be changed to ART to the program as office after the necessary rooms will be secured.
The main idea is that “changing the event to ART” appears to be an attempt to rethink the daily living as a special existence by handling a person and a matter equivalently in the space.

It was required that three inserted box spaces will close the interior because this is the best way to perceive the interior. Moreover, the view from there is obscured by the cutted frame in the outside wall. The frames consist of a clear glass, a mirror and a wall.
The openings cut out by the frames separate the space ambiguously and create the visibility to the both interior and exterior. You will experience the both events, which happen inside and outside of the boxes.

The inside wall which is touching other boxes also consists of decent amount of openings, so the view from the inside can continue to another space.

The openings with the frames and the openings where a wall is just cut off give a quite different impression of each other although these are same size.
That is to say the wall with an opening clipped at random connects each of the rooms and becomes special filter to make a connection with the outdoor.
“Changing the event to ART” is that what  we expect from commonplace activity becoming special discovery and memory in the office space to spend most of the day.